シミにおすすめの化粧品

「化粧品で顔のシミが消せればなぁ」
シミに悩んだことがある人なら誰もが一度は思うことですね。
クリニックでのシミ取りレーザー治療はやっぱり失敗や後遺症などの心配がありますし、料金もかなりかかるみたいですからね。
しかし化粧品だと今度は「本当にシミが薄くなるの?」という不安がついて回ります。
私も色々とネットで調べてみましたが化粧品ではやはり限界があるのかなぁ・・・というのが正直な感想です。
シミ用化粧品に対して好意的な意見の人でも「シミ用クリームでシミが少し薄くなった気がする」とかそういった程度の感想の人が多いですから。
どうしてもシミをきれいに消すにはレーザー治療しかないのかもしれません。

それでもだめならダメで「あぁ、だめだったな」程度で済むのがシミ用化粧品のいいところですね。
気軽に試せるということです。
しかしそんな風に気軽に試せるシミ用化粧品にも当然注意点はあります。
特にハイドロキノン配合シミ用化粧品に関しては副作用で白斑と呼ばれる症状が出ることがあります。
白斑とは副作用によりお肌の色が白く抜けたようになってしまうことです。
市販されている家庭用のシミ用化粧品の場合にはハイドロキノンの配合濃度が比較的低めに設定されているので、白斑が起こることは稀だとは思いますが気をつけるに越したことはありません。
ハイドロキノン配合シミ用化粧品を使うときにどんなことに注意すればいいのかというと、まず、普段以上に紫外線を浴びないように気をつけることです。
朝、シミ用クリームを塗って外出するのではなく、夜帰宅後に塗るとか、シミ用クリームを塗っていなくても外出時には日焼け止めを塗ったり日傘や帽子で紫外線を浴びないようにします。

まだ一度も使ったことのないシミ用クリームを初めて使うときには、足などの目立たない部分に塗ってみて異常が出ないか様子を見る「パッチテスト」を行うことも大事です。
炎症などの異常があったら当然顔には使ってはダメです。

あとはシミが消えないからといって半年も1年もずっと同じ部分にシミ用クリームを塗り続けるのも白斑症状が起こりやすくなるのでNGです。

ハイドロキノン配合シミ用化粧品を使うのが不安な人は、まず、ハイドロキノン不使用のシミ用化粧品から使ってみるといいです。

ハイドロキノン不使用のシミ用化粧品にはブライトニングフォーミュラという商品があります。

参考サイトURL:http://xn--t8j4aa4n6jiiv30tv1cpw8j.com/
(できたシミ 効く 化粧品)